小物アイテムは、実はしっかり、見られています。

財布がマジックテープだったり。
時計が100均の物だったり。
メガネが激安の代物だったり。

 

なんでも結局、イケメンが持てば大丈夫という側面はありますが(苦笑)、普通の面構えをした私たちであれば、しっかりと小物への意識、というのを持って、恋愛対策をしていくことが大切になります。

 

例えば上に挙げた財布ですが。大学生ともなれば、特にこだわりがないのであれば、革の財布くらいは持った方がいいでしょう。そりゃ確かに、マジックテープの方が大体は柔軟性はありますし、ぎゅっと握っても傷は付きませんから便利です。しかし、あの「びりりり」ってのを嫌う女子が多いのは、全く疑う余地の無い事実です。

 

時計にしても然りです。これは自分のライフスタイルを反映するアイテムとして大事なので別項目を立てますが、そもそも時計しない、というのがスタイルなら、それはそれで良いでしょう。けれど、中途半端な時計を付けるなら、寧ろ本当に付けない方がマシです。G-SHOCKとか、その手の時計は、結構女子ウケが一般的には悪い方に入ります。

 

結局どういう視点で小物を見れば良いか。もちろん恋愛したいならば、という恋愛前提の話です。
恋愛したい、けれど恋愛できない男子が持っている小物、というと、大体共通点があります。それは「色が無い」ということです。
素材そのものの色だったり、あまりに一般的な色だったりして、何の面白みも無い物を持っている男子は、恋愛はできません。

 

もちろん奇抜な色を持てば良いという話では無いので難しいのですが、たとえワンポイントであっても構わないので、色がはっきり入った物を持つと良いでしょう。そうすることで、持ち物が映える、というような感じです。恋愛向けになる、と言い換えても良いでしょう。

 

本当かよ

 

と思うかも知れませんが、実際に「モテてるあいつ」の持ち物をチェックしてみて下さい。同じ男では気づかないようなさりげない所が、ちょっと飾ってあったりします。その「ちょっと」を見逃さず加点評価するのが、女子という生き物なんです。その僅かな差で、あなたが恋愛できない、あいつは恋愛してる、という差が生まれてくるのです。

 

小物を決して、侮らないで下さい。かなりそれを意識するだけでも、恋愛偏差値は変わってきますから。

 

トップページに戻る

小物アイテムの工夫:恋愛できない男子の典型関連ページ

恋愛したいならば、まず○○○を止めよ。
恋愛したい男子は、まずは○○○を止めるところからスタートです。始めていないなら、それは勿論結構なことですが。
基本的なファッションについて
恋愛したいのであれば、ともかく基本的なファッションのセンスを身につける必要があります。が、ここではそれ程深い話ではなく、あくまで基本をお話しします。
ファッションの色合わせ
ファッションは、恋愛したい男子にとって、絶対項目です。ここでは主に、大学生〜、の方を対象にした、色合わせファッションについて語ります。
小物アイテムの工夫:時計編
腕時計にしろスマホにしろ、何らかの時計を持たない訳には行きません。それなら、恋愛したい気持ちを叶えてくれるステキな腕時計をしましょうよ。
小物シリーズ:財布編
恋したいのであればまず財布を見直す。これ、実はあまり気にしていない人が多いからこそ、是非やって欲しい対策です。
小物シリーズ:バッグについて
バッグが恋愛とどう結び付くんだ、と言ってる間は、恋愛できないでしょう。それくらい、あなたの荷物をまとめるバッグは、ファッションアイテムとして重要な位置にあるのです。
香水の使い分け:あまり付けすぎないのは当然として
香水は、あなたを彩るアイテムになる一方で、当然ですが付けすぎれば悪臭以外の何でもありません。是非正しい使い方を学んで下さい。
腕時計再び:腕時計の色選択
腕時計は、恋愛したい男子にとってのキーになるファッションアイテムですが、ここではその「色」に注目したいと思います。
恋愛したい人が持って良い小物入れ
恋愛したい男はこのコンテンツで少し救われるかもしれません。もし恋愛したいと思っていないのであれば、見ないでください。ムダにライバルを増やしたくはないので。
恋愛の障害:ライバルについて
恋愛したいと思っても、ライバルに先を越されることはあります。そういった場合にはどうすれば良いか。これは一筋縄ではいきませんが、対策が無い訳でもありません……