どんなバッグでも良いってわけにはいかない事情。

大学生さんが特にコレなんですが、選択の自由度がありすぎて迷う、というような事があります。バッグって、色々ありますからね。手提げっぽいビジネス寄りのもあれば、帆布などのナチュラル系もありますし、防水性を考えて化繊のもあります。

 

ただ気をつけたいのは、雰囲気です。
主に「あなたの雰囲気」とどれくらいマッチしているか、という点ですね。

 

例えば、全体を綿で大体揃えている人であれば、そこに化繊のバッグを投入すると、結構それだけ浮きます。もちろんそれは敢えてやっても構いません。それだけのあなたの主張があるなら&化繊はデザイン・色に多様性がありますから。また、化繊の固さが、綿の緩さを「場合によっては際立たせ、時には打ち消す」ので、悪くはないです。

 

ただし、化繊のディバッグを通学カバンにするのだけは、止めましょう。いくら専門書が重いからと言っても。
ディバッグって、一昔前の電車男じゃないですが、オタクの象徴的位置にあります。要するにダサいんです。それがどんなデザイナーズものであっても、両手を通す輪っかがある時点でダサい確定です。もしそれにMacとか入ってたら、「スタバでどや顔するの?ぷっ」と言われるのが確定するくらい、全てに於いてマイナスです。それくらい、印象が悪い。
ですから、背負いたいのであれば、片がけに留める。せめてその位にして下さい。もちろんそれだと専門書とか入らないという声が聞こえてきますが、何とか工夫しましょう。

 

また、あまり両手いっぱいにバッグを持つのも良くないです。分かるとは思いますが。
バッグを複数個持っていると、何だかそれだけで、荷物の整頓ができない「イケてない人」になってしまいます。当然、恋愛とは遠く離れたところに立ち位置が来ます。

 

あなたが学業優先で恋愛なんて、という人なら良いんです。ダサかろうが何だろうが個人の自由ですから。
けれどあなたは、「恋愛したい」んですよね? だったら、ディバックや3個以上のカバン、というのは絶対避けるべきです。

 

荷物があまりに多い日であれば、ワンサイズ大きな、ビジネス用のショルダーバッグを使うというのも手です。正直ファッション性では劣りますが、忘れるわけにいかない荷物を入れる訳ですから、仕方ありません。その日だけ、という感じにしてくださいよ?

 

トップページに戻る

小物シリーズ:バッグについて関連ページ

恋愛したいならば、まず○○○を止めよ。
恋愛したい男子は、まずは○○○を止めるところからスタートです。始めていないなら、それは勿論結構なことですが。
基本的なファッションについて
恋愛したいのであれば、ともかく基本的なファッションのセンスを身につける必要があります。が、ここではそれ程深い話ではなく、あくまで基本をお話しします。
ファッションの色合わせ
ファッションは、恋愛したい男子にとって、絶対項目です。ここでは主に、大学生〜、の方を対象にした、色合わせファッションについて語ります。
小物アイテムの工夫:恋愛できない男子の典型
恋愛は、そもそも細かい小細工の積み重ねで初めて花開くものです。細かいことを気にしないと、恋愛したいと言っていても成就しないものですよ。ここでは小物アイテムについて。
小物アイテムの工夫:時計編
腕時計にしろスマホにしろ、何らかの時計を持たない訳には行きません。それなら、恋愛したい気持ちを叶えてくれるステキな腕時計をしましょうよ。
小物シリーズ:財布編
恋したいのであればまず財布を見直す。これ、実はあまり気にしていない人が多いからこそ、是非やって欲しい対策です。
香水の使い分け:あまり付けすぎないのは当然として
香水は、あなたを彩るアイテムになる一方で、当然ですが付けすぎれば悪臭以外の何でもありません。是非正しい使い方を学んで下さい。
腕時計再び:腕時計の色選択
腕時計は、恋愛したい男子にとってのキーになるファッションアイテムですが、ここではその「色」に注目したいと思います。
恋愛したい人が持って良い小物入れ
恋愛したい男はこのコンテンツで少し救われるかもしれません。もし恋愛したいと思っていないのであれば、見ないでください。ムダにライバルを増やしたくはないので。
恋愛の障害:ライバルについて
恋愛したいと思っても、ライバルに先を越されることはあります。そういった場合にはどうすれば良いか。これは一筋縄ではいきませんが、対策が無い訳でもありません……