清潔感の次は、色あわせです。

ファッションというのは、色々な柄と色との組み合わせで成り立っています。もちろん服の素材だとかそのデザインというものはあるのですが、そもそもの色合わせがしっかりしていないと、ファッションというのは成立しません。

 

ファッションが成立しないということは、どう着ても似合わない、もしくは「浮く」ということです。
浮いた格好で恋愛したいなどと言っていても、まず無理です。その格好だけで、女子は目を向けてくれなくなります。

 

では、どういう風にファッションをコーディネートすれば良いのでしょうか。

 

恋愛したい男子の基本ファッションコーディネートは、コントラスト

ファッションの要素は、色の要素です。素材感を重視すべきは、相手にタッチされるようになってからにしましょう。
まぁそれは少々冗談が過ぎますが、ともかく「見られて、良い感じを与えるファッション」でなければ、いけない訳です。

 

そのための、一番簡単で外さないコーディネートのやり方は、色のトーンの1つである「コントラスト」を調整することです。

 

コントラストとは、色と色の差の1つ。特に色の程度の差、とでも言いましょうか。
例えば、黄色原色と、淡い黄色では、コントラストが「原色黄色の方が高い」という言い方をします。淡い色ほどコントラストは抑えられます。

 

でこの、コントラストを、1回に着る服の中で統一感を持たせるのです。これがまず基本。
パンツがカーキであれば、上はそんなに原色バリバリなのは着ないとか、そういう事です。また逆に、下を白のパンツにしたならば、上もちょっとコントラストの高い原色を配置するとか。そういう感じで、色あわせをしていきます。

 

もちろん、顔写りというのは大事です。自分が原色が似合うかどうか、というのは、鏡を見て分かるでしょうか?
もし分からなければ、誰か他人に評価してもらいましょう。ファッションの評価というと遠慮する人が多いですが、色の顔写りを見るだけなら、誰しもが遠慮無く言ってくれるものです。

 

その上で、差し色を検討します。もし難しいと感じるなら省いても良い項目です。

 

差し色とは、特に淡い色ばかりで構成したときに感じる「物足りなさ」を解消する為に、ちょっとハイ・コントラストな色を小物アイテムで入れることを言います。
例えば、ベルト。あまり見えないアイテムではありますが、敢えて差し色にするなら、見せた方が良いですね。原色の布ベルトとかありますから、そういうアイテムを使う訳です。

 

こういった、割と「難しくは無いが、気配りが必要」な事の積み重ねが、恋愛できない男子を改善するためのファッションです。ファッション雑誌を読んでもこの基礎ができていないと、単に流行柄・流行色を入れただけの浮いた格好になるので、注意が必要ですね。

 

トップページに戻る

ファッションの色合わせ関連ページ

恋愛したいならば、まず○○○を止めよ。
恋愛したい男子は、まずは○○○を止めるところからスタートです。始めていないなら、それは勿論結構なことですが。
基本的なファッションについて
恋愛したいのであれば、ともかく基本的なファッションのセンスを身につける必要があります。が、ここではそれ程深い話ではなく、あくまで基本をお話しします。
小物アイテムの工夫:恋愛できない男子の典型
恋愛は、そもそも細かい小細工の積み重ねで初めて花開くものです。細かいことを気にしないと、恋愛したいと言っていても成就しないものですよ。ここでは小物アイテムについて。
小物アイテムの工夫:時計編
腕時計にしろスマホにしろ、何らかの時計を持たない訳には行きません。それなら、恋愛したい気持ちを叶えてくれるステキな腕時計をしましょうよ。
小物シリーズ:財布編
恋したいのであればまず財布を見直す。これ、実はあまり気にしていない人が多いからこそ、是非やって欲しい対策です。
小物シリーズ:バッグについて
バッグが恋愛とどう結び付くんだ、と言ってる間は、恋愛できないでしょう。それくらい、あなたの荷物をまとめるバッグは、ファッションアイテムとして重要な位置にあるのです。
香水の使い分け:あまり付けすぎないのは当然として
香水は、あなたを彩るアイテムになる一方で、当然ですが付けすぎれば悪臭以外の何でもありません。是非正しい使い方を学んで下さい。
腕時計再び:腕時計の色選択
腕時計は、恋愛したい男子にとってのキーになるファッションアイテムですが、ここではその「色」に注目したいと思います。
恋愛したい人が持って良い小物入れ
恋愛したい男はこのコンテンツで少し救われるかもしれません。もし恋愛したいと思っていないのであれば、見ないでください。ムダにライバルを増やしたくはないので。
恋愛の障害:ライバルについて
恋愛したいと思っても、ライバルに先を越されることはあります。そういった場合にはどうすれば良いか。これは一筋縄ではいきませんが、対策が無い訳でもありません……